ファッションデザイナーを考える!

fc096d6c096c66e41643bedc09cce249_s

ファッションデザイナーになる

皆さんの回りには、クラスメイトに一人は必ずファッションデザイナーを目指した同級生がいるのではないでしょうか。
今や花形職業の一つとして注目を集めるファッションデザイナー。

モデルのように表舞台に上がらなくても、着た人の印象を大きく左右する重要なポジションでもあります。

しかし、華やかな反面厳しい世界でもあるファッションデザインの業界について分析していこうと思います。

ファッションデザイナーとは

ファッションデザイナーの仕事は、文字通り人を魅了する服のデザインを考える仕事です。

大まかに言っても、イメージしづらいと思いますのでもう少し詳しく。

服を作りまでの構成

  • デザイナーの仕事は服のデザインをイメージするところから始まります。
  • 平面として生地や色、柄、縫い方など細かく注釈を入れたデザイン画を描き、それを元に型紙を作ります。
  • 型紙を作る人をパタンナーと言い、ここからイメージを立体にしていきます。
  • パタンナーと十分に打ち合わせし、縫い方や平面では見えてこなかったイメージの誤差を修正します。
  • そうして、出来上がった型紙に合わせて縫製者が生地を縫い試作を作ります。
  • ここでまたイメージと誤差がないか、着心地の良さなどこれまでの工程で見えてこなかったところを修正し、本縫いを経て完成となります。

このように、デザイナーは、デザインから縫製までを一人でやるのではなく、何人ものスタッフと協力して一つの作品を生み出しています。

デザイナーは、総合的にイメージを形にしていくための監督のような仕事のようです。

ファッションの専門学校でデザイナーを目指すならこちらへ

デザイナーの種類

ファッションデザイナーになるためにファッション専門学校に通うと思われますが、その全てがブランドのデザイナーとして一人立ちできるわけではなく、多くはアパレルメーカーに所属して、一般的な量産用の洋服をデザインしています。

アパレルメーカーで下積みし、プライベートで作品を作ってコンクールに送っている人も少なくありません。

しかし、アパレルメーカー側もデザイナーが過飽和な状態にあり現在ではデザイナーの求人も少なく、なかなか厳しいものになっています。

それ以外では、人気のあるモデルやアイドルが企業とコラボしてブランドを立ち上げるなど、デザイナー業界は芸術性よりもいかに売れるかということに意識しているところが多くなっています。

まとめ

これまでも、そしてこれからも流行の最先端を行くファッション業界ですが、ジーンズのように様々な洋服からモチーフを持ってくるより、芸術性を求めた奇抜なデザインも増えてくるでしょう。

そして、モデルだけでなくスポーツ選手や読者モデルのように在野の価値観が入ることで、ファッションも業界だけのものでなく、他ジャンルや大阪や福岡などの地域とコラボしたデザインも増え、ますます多様化していくでしょう。

そのため、ファッションはコンテンツというより、人間がいる限り”進化する技術”と言えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする