鶴ヶ島市・一戸建て不動産の金額のめやす

a0002_008725
一戸建てを購入するのに最適な土地・埼玉県鶴ヶ島市について書いていきます。
一戸建てに限らず、マンションやアパートなどの「住まい」は大きな買い物ですよね。だからこそ生活環境や間取りにこだわりたいと思いませんか。
不動産を購入する時の候補地として「鶴ヶ島市」をおすすめします。
<鶴ヶ島市の特徴>
鶴ヶ島市は埼玉県の中心部に位置している、人口約7万人の自治体です。
都心からは約45kmの場所にあり、川越市・坂戸市・日高市と隣接しています。
交通機関も充実していて、東武東上線・東部越生線が縦断しています。東武東上線鶴ヶ島駅から池袋までは、急行を利用すれば約40分で到着します。
東武東上線は有楽町線・東京メトロ・東横線に乗り入れているため、都心へと簡単にアクセスできます。
また介護や福祉にも力を入れているのも鶴ヶ島市の特徴です。
第一号被保険者は65歳以上の人、第二号被保険者は40歳から64歳までの医療保険加盟者と定められています。また給付の対象者なども細かく定められているので、介護の仕組みが分かりやすく理解しやすいです。
介護や福祉の仕組みが充実しているため、鶴ヶ島市には50代から60代までの人に人気の高い土地です。
<鶴ヶ島の土地と一戸建ての金額>
鶴ヶ島市の一般世帯は26,500世帯で、そのうち一戸建ての持ち家に住んでいる世帯は16,300世帯です。この数は世帯数の約62%で、半分以上の世帯が一戸建てに住んでいる計算になります。
鶴ヶ島市の土地の値段は平成28年9月現在で、坪単価は平均して約32万円です。前年と比べてやや安くなっているようですね。
場所によって土地の値段は異なりますが、一番安い土地と一番高い土地との差は約1.4から1.5倍です。
新築の一戸建て販売価格は約2,500万円で、中古の一戸建ての平均価格は1,700万円ほどが相場のようです。
間取りや立地条件によって価格は変わり、新築を購入する際には土地付きの不動産かそうでないかも価格に大きく関係してきます。

鶴ヶ島は交通アクセスも良く、福祉・介護・育児などをサポートする仕組みがしっかり整っています。
都心で一戸建ての不動産を購入するには高すぎる、でも都心への通勤に便利な土地が良いという方に鶴ヶ島はおすすめの土地です。
鶴ヶ島の土地はやや値段が下がっている傾向にあるので、お金の関係で一戸建て購入を決めかねている方にもおすすめです。
一戸建て・賃貸住宅に関わらず、鶴ヶ島市はとても住みやすい町であると言えます。
ぜひ一度、鶴ヶ島の不動産を見学してみてください。